1. HOME
  2. 知的財産トピックス
  3. 2008年のトピックス
  4. フランス特許法改正(2007年3月1日発効)
知的財産トピックス

フランス特許法改正(2007年3月1日発効)

2008.1.24

2007年3月1日にフランス知的財産法に新しい規定が導入されました。
これによると、特許庁は対応他国出願で引用された先行技術に関する情報を提出するよう出願人に求めることができるようになりました。

文献のコピーは、特許文献については提出する必要はありませんが、非特許文献については提出が求められます。また、各文献について、発明に関連する箇所の翻訳を提出する必要があります。

この先行技術に関する情報の提出は、出願人が自発的に行うべきものではなく、通知が発行された場合にのみ応答する必要があります。応答期限の延長は1回のみ可能です。期間内に先行技術文献の情報又は先行技術文献が提出できない理由が提出されない場合には、その出願は拒絶されます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン

パテントメディア