特許図面作成|オンダ国際特許事務所|早く正確なCAD操作

特許図面作成|オンダ国際特許事務所|早く正確なCAD操作

アクセス

お客様が自社出願される際の特許図面の作成を承ります。
年間約25,000枚の特許図面を作成している専門スタッフが、ラフスケッチからでも早く正確なCAD図面を作図いたします。
お客様が作成された2次元・3次元CADデータを活用し、特許図面として見やすくリタッチすることも可能です。まずはお気軽にご相談ください。

特徴

作図の早さ

作図の早さ

蓄積したノウハウとテクニックで、すばやく正確な作図を実現。直接、お客様にもインタビューを行いますので、ラフスケッチからの作図も可能です。

安心の品質と実績

安心の品質と実績

オンダ国際特許事務所は、特許業界ではいち早くCADを導入し、年間約3,000件、25,000枚の特許・意匠図面を作成しています。多くのベテランスタッフにより、高品質な図面をご提供いたします。

データをご提供いただく場合のファイル形式について
(更新日:2019年3月11日)

CADデータについて

CADデータは以下の形式に変換をお願いいたします。

2次元
お客様のご利用CAD ファイル形式
iCAD MX MX2, MXO
AutoCAD DWG(バージョン2020以下)
MICRO CADAM Helix OSファイル名形式…MCD
上記以外 推奨形式 DWG
(バージョン2020以下)
※可能でしたら、「スプライン・楕円」の変換設定を「ポリライン」にせず、それぞれ「スプライン」「楕円」に変換していただけると幸いです
対応可能形式 DXF
(バージョン2020以下)
3次元
お客様のご利用CAD ファイル形式
iCAD MX MXP, MXA, MXU
CATIA V5 CATPart, CATProduct
(バージョンR7~R29)
※アセンブリファイルが階層構造になっている場合は、上位アセンブリファイル名をお知らせください。
NX, Unigraphics,I-deas, SolidWorks,iCAD SX, Solid EdgeなどカーネルがParasolidのCAD Parasolid(バージョンV7~V30.1)
上記以外
  • STEP
    (形式AP203, AP214, AP242)
  • IGES
    (バージョン5.3まで)
※CATIA V6,ThinkDesignはSTEP推奨です ※可能でしたら、 STEP、IGESを両方いただけると幸いです。

※Macintoshユーザーの方は、Windows形式で保存をお願いします。

当所使用ソフト

使用CAD

iCAD MX V7L8

変換ソフト

CADdoctor EX8.2.1

画像データについて

上記データがいただけない場合、画像データは以下の形式でご提供いただけると幸いです。

拡張子 「.jpeg(.jpg)」 「.bmp」 「.gif」 「.png」 「.tiff(.tif)」 「.pdf」