1. HOME
  2. 知的財産トピックス
  3. 2007年のトピックス
  4. 特許調査インフォメーション「スクリーニング作業における注意」
知的財産トピックス

特許調査インフォメーション「特許電子図書館の機能追加」

2007.4

2007年3月26日から特許電子図書館のURLが変更され、一部の機能がリニューアルしました。
新URL→ http://www.ipdl.inpit.go.jp/homepg.ipdl

今回のトピックでは、機能の変更点について簡単にご紹介いたします。

「審査書類情報照会」
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/pfwj.ipdl?N0000=118

2003年7月以降の審査に関する書類等が閲覧できるようになりました。

2003年6月以前の書類や、意匠・商標に関する書類は無料では閲覧できません。今までは「特許庁からの発送書類」のみでしたが、「出願人からの提出書類」も閲覧可能になりました。
拒絶理由通知書や意見書、面接記録などが無料で閲覧できるので、出願経緯を把握する際に便利です。

「公報テキスト検索」
http://www7.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl?N0000=108

指定できるラインが5行に増加されました。より複雑な検索が可能となります。

さらに、米国特許公開和文抄録、米国特許明細書和文抄録を対象に検索することが可能となりました。

ただし、収録範囲は、米国特許公開和文抄録が2001年〜2002年、米国特許明細書和文抄録が1971年〜2003年となっており、最近の文献は含まれていないので注意が必要です。

「特許・実用新案公報DB」
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Tokujitu/tjsogodb.ipdl?N0000=101

これまでにも存在していたサービスですが、入力手順の制限が解除され使い勝手が向上しております。

これまでは、文献種別→文献番号 の順に指定しなければエラーが表示されましたが、リニューアル後はどちらを先に入力しても大丈夫です。

また、入力ミスがあった場合は、ミスの箇所をハイライト表示してくれます。

「外国公報DB」
米国の公開特許明細書と和文抄録の閲覧が可能になりました。今までは登録公報のみが閲覧可能でした。

蓄積されている期間は公開特許明細書は、2004年公開分の一部、和文抄録は、2001年〜2002公開分の一部 となっております。
詳細はここで確認することができます。
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Gaikoku/gbunchikudb.ipdl

お気に入り登録の工夫
特許電子図書館のURLが変更されてから、トップページを表示させるのに時間がかかるようになったと感じる方がいらっしゃると思います。
使用頻度の高いメニューを個別にお気に入りに登録しておくことで、素早いアクセスが可能となります。

お問い合わせフォーム

メールマガジン

パテントメディア