商標セミナー 終了のご報告|トピックス|オンダ国際特許事務所

商標セミナー 終了のご報告|トピックス|オンダ国際特許事務所

アクセス

商標セミナー 終了のご報告

2013年8月12日

去る6月20日(名古屋)、28日(大阪)7月5日(東京)の3日間にわたって開催された弊所主催セミナー「御社の「商標力」を高める、ストレスフリーの商標管理術」には、3会場で約160名の皆様にご参加をいただきました。

本来、商標担当者が行うべき活動は、自社の商標の資産的価値=「商標力」を高め、社内外に認知させることです。
では、「商標力」を高める活動とは何か。どのように取り組めばよいか。経営レベルで最適な商標管理を実現する手法について弊所 商標部 弁理士の中山がご提案いたしました。

参加者の皆様よりいただいたアンケートおよびご意見・ご感想の一部をご紹介いたします。

アンケート結果

【セミナーについてのご意見・ご感想(抜粋)】

■事業領域に配慮した商標管理の考え方について学べた。
■事業計画から商標戦略を策定することは是非実践してみたい。
■どこも同じような悩み、課題があることがわかった。どのような対策が必要か参考になった。
■商標の利益貢献と経営計画からの商標戦略事例もあっての考え方などがわかりやすかった。
■早期段階での関係部門との連携を検討中であり参考になった。
■企業目線で必要な提案をしていただきました。参考にします。
■経営計画と商標戦略のリンクのような、他セミナーではあまりない切り口で面白かった。
■商標への意識が低いBtoB企業の商標担当者が、今後どのように業務を進めていくべきか、大変参考になった。
■業務の中での商標の重要性を高めるよう進めていこうと実感しました。
■商標管理ノウハウとして、非常に参考になりました。貴所のセミナーは、判例や審査基準の単なる説明ではなく、知財管理者としての側面でのノウハウをご提供いただき、非常に参考になっております。

皆様からいただいた多くのご意見を参考に、弊所では今後ともより一層充実したセミナーを企画してまいります。