1. HOME
  2. サービスのご案内
  3. 意匠
  4. 中間対応

意匠 中間処理対応

概要

拒絶理由通知等に対する意見書や手続補正書等の提出手続

拒絶査定不服審判、補正却下不服審判、無効審判の各手続

その他、特許庁に対する意匠関連の手続全般

特徴

意匠は特許のように権利範囲が文章で記載されていないことから、意匠の範囲や新規性・創作性の判断に主観が入りやすく、中間対応(特に新規性、創作性に関する拒絶対応)は難しいと思われがちです。 しかし、意匠も、特許や実用新案と同じように、審査官や審判官を納得させるような客観的なアプローチが可能です。 オンダ国際特許事務所では、以下の2点をモットーに、登録率の向上に努めています。

周辺意匠との関係を踏まえた、「説得力のある」意見書

例えば公知意匠に類似し、新規性がないとして拒絶されたとき、その公知意匠(引例)と出願意匠との差異点をあれこれ挙げて意見書で反論しても、なかなか登録にしてもらえない・・・という声をよく耳にします。つまり、出願意匠と引用意匠とを一対一で対比しただけでは、拒絶理由を覆すのは非常に困難です。

意匠の類否判断で重要なことは、意匠が出願された時点において、その分野にどのような公知意匠が存在しているかであり、その出願意匠に最も近い公知意匠を確認せずして、意匠の類否判断はあり得ません。

オンダ国際特許事務所の拒絶対応においては、周辺意匠の確認を行い、それとの対比によって、出願意匠の「要部」(新規な部分や、目につき易い部分など、意匠の特徴となる部分)を洗い出します。そして、この周辺意匠を踏まえた反論を試みることで、より説得力ある意見書を作成します。

意匠の範囲を意識した、「書きすぎない」意見書

意見書において差異点を述べれば述べるほど、それらは意匠の範囲を狭め包袋禁反言の種ともされるおそれがあります。そのため、オンダ国際特許事務所では、「書きすぎない」意見書を心がけています。
このときも周辺意匠の把握が極めて重要となります。

つまり、周辺意匠との対比から、出願意匠の「要部」を的確に抽出し、意見書では、その部分に焦点をあてて反論します。

説得力ある主張をしつつも、余分なことを言わない・・。その匙加減は容易ではありませんが、長年の経験を活かしつつ、権利行使にも配慮した、高品質な中間処理サービスをご提供しています。

お問い合わせフォーム

特許事務所をご経営の方へ

メールマガジン

パテントメディア

営業日カレンダー