1. HOME
  2. 知的財産セミナー・講演
  3. 2013年に実施した知的財産セミナー・講演
知的財産セミナー・講演

2013年に実施した知的財産セミナー・講演

当所主催の知的財産セミナー

中国特許出願の補正制限について
開催日時 2013年10月24日(名古屋)・11月1日(大阪)・11月8日(東京)
概要 本セミナーでは、実例を通じて特許出願における補正制限の現状、および最近の動向をご紹介し、外国人出願人が補正を行う際に注意すべき事項についてわかりやすく解説いたします。
講師 特許業務法人オンダ国際特許事務所 
中国弁理士 関 英澤(カン エイタク)
セミナー終了後のアンケート
今さら聞けない「外国商標のイロハ」〜外国商標戦略策定のポイント〜
開催日時 2013年10月4日(名古屋)・11日(東京)・18日(大阪)
概要 知的財産部門の一員であれば、さら に管理者ならなおさら『知っていて当然!』の“外国商標戦略策定のポイント” を解説いたします。 具体的には、特許と商標との立法趣旨の違いに触れつつ、
・外国出願前における国内商標権取得状況のレビューの重要性
・出願ルートの選択(直接ルート及びマドプロルートの利害得失)
・各出願ルートにおける留意点
等について解説いたします。
講師 特許業務法人オンダ国際特許事務所 
商標部 弁理士 佐久間勝久
セミナー終了後のアンケート
意匠実務のキーポイント 集中講座
開催日時 2013年9月11日・20日・27日の全3回 (岐阜)
概要 本講座では、「出願」「中間処理」「調査」の全3回のコース編成とすることで、意匠の実務を行う上で必要な知識(キーポイント)を、短期間で洩れなく履修していただけます。
特に、意匠を理解する上で不可欠な「意匠の類否判断」の考え方について、集中的かつ多面的に学習することで、実務上の各場面で応用可能な、筋の通った知識の習得を目指します。
また、少人数、対話形式により日頃、意匠実務で気になる点について勉強会中にどんどんご質問いただくことができます。
New US Post-Grant Procedures After the America Invents Act
〜米国特許法改正における特許付与後手続について〜 (通訳付)
開催日時 2013年7月11日(名古屋)・7月19日(東京)・8月1日(大阪)
概要 米国特許法改正によって、特許付与後の手続が変更されました。
今回のセミナーでは、これら特許付与後手続(付与後レビュー及び当事者系レビュー)の解説を中心に、企業の米国知的財産戦略における「攻め」と「守り」に役立つ情報をお届けします。
講師 特許業務法人オンダ国際特許事務所 
国際法務部 米国特許弁護士 Blake I.Dorr (ブレイク・ドア)
セミナー終了後のアンケート
御社の「商標力」を高める、ストレスフリーの商標管理術
開催日時 2013年6月20日(名古屋)・6月28日(東京)・7月5日(大阪)
概要 本来、商標担当者が行うべき活動は、自社の商標の資産的価値=「商標力」を高め、社内外に認知させることです。この「商標力」を高める活動が実践されれば、コストや権利保全などの商標管理に伴う様々な問題も解消し、商標担当者の日常業務も円滑に進むようになり、わずらわしさから解放されます。
では、「商標力」を高める活動とは何か。どのように取り組めばよいか。経営レベルで最適な商標管理を実現する手法について、オンダ国際特許事務所がご提案いたします。
講師 特許業務法人オンダ国際特許事務所 
商標部 弁理士 中山博登
セミナー終了後のアンケート
特許情報活用セミナー2013「特許調査における検索式立案テクニックと検索事例」
開催日時 2013年4月26日(名古屋)・5月10日(大阪)・17日(東京)
概要 オンダ国際特許事務所が実践している特許調査手法を具体的にご紹介いたします。

【内容】
押さえるべき特許調査プロセス
多面的な検索アプローチとは
検索事例に学ぶ検索のポイント
予備検索(プレサーチ)のコツ
効果的な類義語展開方法
講師 特許業務法人オンダ国際特許事務所 
知財戦略支援部 コンサルタント 松尾健司

お問い合わせフォーム

メールマガジン

パテントメディア