1. HOME
  2. サービスのご案内
  3. 商標
  4. 登録後の諸手続き

商標登録後の諸手続き

概要

  • 表示変更(更正)登録申請
  • 移転登録申請
  • その他の変更に基づく登録申請
  • 商標権の更新登録申請

特徴

登録商標についての住所・名称・権利者の名義等の変更など

商標を保有している間に、会社の住所・名称や商標権の名義が変わることがあります。しかし、そのまま放置しておくと、特許庁からの書類が届かなくなったり、真の商標権者が誰であるか不明確になったりするなど、商標権の維持・管理に大きな悪影響を及ぼすことがあります。そのため、商標権者の住所・名称・名義などに変更が生じた場合は、速やかにその事実を特許庁へ届け出て、権利者情報をアップデートされることをお勧めします。

商標権の存続期間の更新

商標権は、商標登録の日から10年間存続します。その後、10年を一区切りとして更新を繰り返しますが、更新時期の案内は、特許庁からは一切通知されません。そのため、お客様ご自身で存続期間の更新時期を管理する必要があります。
当所では、商標権の存続期間をコンピュータ管理しております。また、自主的なサービスではありますが、当所で商標出願されたお客様に対し、更新時期のご案内を行っております。
商標権の更新管理が不安な方は、ぜひ当所にご相談下さい(自社出願で登録された商標でも、お客様に代わって、商標権の存続期間をご案内することができます。一度ご相談下さい。)。

お問い合わせフォーム

特許事務所をご経営の方へ

メールマガジン

パテントメディア

営業日カレンダー