1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 【第4シリーズ】特許調査トレーニング 〜拒絶査定から学ぶ先行技術調査の手法〜
  4. 練習問題23
メールマガジン

特許調査トレーニング 練習問題23

こちらの記事は一部抜粋です。全文はメールマガジンのご登録者様のみご覧いただくことができます。

 

今回の題材は、「ビールテイスト飲料」に関する分野に関するものです。ビールテイストというくらいですから、「ビール」とは違うものだろうと推測されます。「新ジャンル」と称したビール風味の飲料も登場しバリエーションが広がっています。
お疲れ様のご褒美の一杯の前に、練習問題を解いてみませんか?

127.練習問題(23)

今回の問題は、特開2004―024151の請求項1です。

【発明の名称】

ビールテイスト飲料の製造方法およびビールテイスト飲料

【要約】

【課題】

原料として麦芽を使用することなく、ビールタイプの香味、色等を得ることができるビールテイスト飲料の製造方法およびビールテイスト飲料を提供する。

【解決手段】

麦澱粉原料を含む澱粉原料を用い、外来酵素を添加して糖化した後、発酵させてビールテイスト飲料を得る。麦澱粉原料は、大麦、小麦等であり、麦澱粉原料以外に用いる澱粉原料である非麦澱粉原料は、液糖、コーンスターチ等である。液糖以外の非麦澱粉原料あるいは麦澱粉原料に添加して糖化させるために用いる外来酵素は、プロテアーゼ、β − グルカナーゼ等である。麦澱粉原料としての大麦に外来酵素を添加して糖化を行った後、非麦澱粉原料としての液糖を添加することで発酵原料を得、この発酵原料を発酵させてビールテイスト飲料を得る。

【請求項1】

実質的に麦芽を原料として用いず、大麦、小麦、ライ麦、はと麦、ソルガム、えん麦、もち麦およびカラス麦からなる群から選ばれる1 種以上の麦澱粉原料を含む澱粉原料を用い、外来酵素を添加して糖化した後、発酵させて得ることを特徴とするビールテイスト飲料の製造方法。

128.考え方のヒント

「実質的に麦芽を原料として用いず」という限定がかかっています。これは題材のポイントとなってくる点だと思いますが、この点を検索式で表すことができるでしょうか。「澱粉原料」を用いるビールテイスト飲料の製造方法という方針であれば、検索式は立てやすそうです。

冒頭で、「ビールテイストというくらいですから、「ビール」とは違うものだろうと推測されます。」と書きましたが、この題材の公報ではインデキシングコードとしてC12C5/00が付与されています。これは、「ビール製造に用いる他の粗原料」という内容の分類です。毎度のようですが、今回もどこまで調査対象を広げるべきか悩みそうです。

来月は、弊社の調査スタッフが立案した検索式を紹介いたします。

 

メールマガジンにご登録いただくと、上記内容を全文ご覧いただくことができます。

 


 

メールマガジンの購読お申し込みはこちらから
お問い合わせ・ご相談