HOME

専利(特許,実用新案,意匠)

商標

レポート

関連リンク

HOME > 中国商標調査のポイント

中国商標調査のポイント

近年、中国商標出願が急激に増えており、他人の出願商標又は登録商標と抵触することを回避するために、商標の使用前はもちろん、出願前の事前調査は常識的に行われているのが現状です。

日本の商標について中国での登録可能性を調査する場合、まず日本商標の意味(観念)から複数の中国語表記を案出します。さらに、日本における称呼から複数の中国語表記を考えます。又、日本の商標が漢字、ひらがなである場合には、これを左右逆読みの場合の意味や称呼も考慮して調査をしなければなりません。もちろん、ローマ字表記の場合には称呼や外観から類似するものを想定して、調査することが重要となります。

例えば、「BCD」を調査する場合、外観上に「BCD」と類似する「BOC」、「BCO」、「BCC」、「BDC」等々の調査が必要になります。また、「BCD」の中国語発音に類似する発音の漢字は、「比喜弟」、「筆西第」、「彼席底」、「必習地」、「碧洗的」など、数多くありますので、この場合「BCD」の商標出願前には、中国語発音に類似する発音の漢字表記を、その漢字表記に含まれる意味や発音から調査することも必要となります。

さらに、中国では慣用的に漢字を右からも表記することがあるために、例えば「BCD」の中国語発音を有する漢字表記「比喜弟」を調査する場合には、「弟喜比」の有無についても調査する必要があります。

なお、当社では、これらの展開は商標の専門家が種々の類似展開をしながら調査しています。具体的な個別の展開内容については調査報告書で報告させていただきます。上記の展開のみのサービスもお受けできます。

中国商標局でもデータベースは完備しているのですが、類似する商標まで検索するには専門知識が要求されます。従って、中国的な観点から類似とみなされる商標を予め複数想定した上で同一の商標がないかどうかを調べることになります。