外国商標出願


外国商標事始め
マドプロ出願を検討してみませんか

マドリッド・プロトコル出願(マドプロ出願)のメリット

マドプロとは

日本国特許庁に国際登録出願することにより、指定した複数の締約国(2016年3月:97ヶ国)で商標の保護が受けられる制度です。

手続きが簡単

日本国特許庁に国際登録出願をし、願書において保護を求める国をチェックで指定すれば、各指定国にそれぞれ出願した場合と同様に扱われます。

費用が安い

出願の際に各国毎の国内代理人費用と現地代理人費用が発生しないため、大幅な経費節減が期待できます。

当所での一例:米国、欧州連合(28ヶ国)、中国に出願する場合
通常の出願:約70万円 → マドプロ出願:約40万円

登録後の維持・管理が簡単

国際登録出願は国際登録簿で一括管理されていますので、1通の書類ですべての指定国に対応でき、権利の更新手続及び維持管理(住所・名称の変更、名義変更他)が極めてシンプルになります。出願と同様現地代理人の手数料を節約でき大幅な経費節減が期待でき、各国毎に異なる更新期限の管理の煩わしさから開放されます。

指定国の追加が可能

マドプロ加盟国は主要国をカバーしており、今後も増加していきます。国際登録出願後に加盟した国を事後指定して追加することもできます。

指定商品は英語で作成

各国語に翻訳する必要がありませんので、各国言語への翻訳費用が節減でき、権利内容の把握が容易です。

3カ国以上で使用予定ならマドプロ出願。登録済みの商標も置き換えの検討を。