ニュース&トピックス|弁理士法人オンダ国際特許事務所|岐阜市

ニュース&トピックス|弁理士法人オンダ国際特許事務所|岐阜市

アクセス

ニュース&トピックス

LuttoとLottoは非類似、混同も生じない -lottoのluttoに対する異議申立てに維持決定(異議2012-900267)-

本件商標 第25類「被服,ガーター,靴下止め,ズボンつり,バンド,ベルト,運動用特殊衣服,運動用特殊靴」 引用商標1 第28類「Toys; sporting and gymnastic articles not include…

中国の2012年度商標出願件数、国内のみで150万件

中国商標局は2月5日、2012年度における中国各省、自治区、直轄市の商標出願件数が、香港特別行政区、マカオ特別行政区、台湾を含め1,502,540件(前年比18%増)であったことを公表した。また、中国内国のみでは1,432,177件であった…

類似商品・役務審査基準が改正(2013年1月1日~)

2013(平成25)年1月1日より、国際分類〔第10-2013版〕が発効されますのでお知らせいたします。 国際分類〔第10-2013版〕は、2013(平成25)年1月1日以降の商標登録出願に適用されます。それに伴い、「類似商品・役務審査基…

「東京マラソン」は商標登録できる?できない?

秋といえば「読書の秋」「食欲の秋」「スポーツの秋」・・・、というのは月並みですが、数あるスポーツの中でも、マラソンは手軽に楽しめるスポーツとして親しまれ、近年、競技者人口はますます増えているようです。 市民ランナーが参加できる大会としては…

高くなったのは、「建物」だけではありません。

日本を代表する二つの高層建築物といえば、「東京タワー」と「東京スカイツリー」。どちらも同じ「電波塔」ですが、これを商標の切り口で捉えると、面白い違いが見えてきます。 東京タワーの竣工(工事が完成すること)は1958年。正式名称は「日本電波…

アップル社が商標「iPad」を中国で使用できない?

近頃、アップル社が自らの全世界的に著名な商標「iPad」の使用が中国で認められないという事件がテレビのワイドショーでも取り上げられるなど、巷間で話題となっています。 感情的には「またか…」と皆様は思われるかもしれません。 しかしながら、…

類似商品・役務審査基準が改正(2012年1月1日~)

商標ご担当者様へ重要なお知らせ 2012年1月1日から、類似商品・薬務審査基準が改正され、商品・役務の区分が一部変更されます。 既存の登録商標や出願中の商標に対する区分変更の手続は不要ですが、 第3類「口臭用消臭剤」や第5類「サプリメン…

バーレーンへの商標出願の際に領事認証済み委任状が必要になりました

2011年2月より、バーレーンへの新規商標登録出願には、在日バーレーン王国総領事館により認証された領事認証済みの委任状の提出が必要となりました。領事認証済み委任状は、商標の更新登録申請の他、譲渡、吸収合併、名称変更といった各種登録録申請など…

キューバを指定するマドプロ出願のオフィシャルフィー値下げについてのお知らせ

2011年3月3日より、キューバのマドリッドプロトコル出願の個別手数料が約16%値引きされます。3月3日より、キューバを指定国とするマドプロ出願又は事後指定の申請に関する個別手数料は、出願時と登録査定時との二段階に分かれています。第一段階で…

インド商標局の新規商標出願に関するオフィシャルフィー値上げについてのお知らせ

2011年1月13日付けの公示により、2010年12月29日以降になされた商標出願について、オフィシャルフィー(インド商 標局へ支払う庁料金)が1区分2500インドルピー(約4,500円)から3500インドルピー(約6,300円)に値上げさ…