【国際意匠出願】国際公表のタイミングに関する共通規則改正|トピックス|オンダ国際特許事務所

【国際意匠出願】国際公表のタイミングに関する共通規則改正|トピックス|オンダ国際特許事務所

アクセス

【国際意匠出願】国際公表のタイミングに関する共通規則改正

国際意匠出願の共通規則の改正により、202211日以降の国際意匠出願に関しては、国際公表の時期が以下のように変更されます。

  • 「標準公表」を選択した場合、国際登録日から12カ月(改正前は国際登録日から6カ月)で国際公表が行われます。
  • 「即時公表」を選択した場合は、国際登録後直ちに国際公表が行われます。(従前どおり)
  • 標準公表よりも早い公表時期を指定することが可能となります。(出願日からの月数で指定可能)
  • 標準公表より遅い公表時期を指定して、国際公表を延期することもできます。ただし、指定国によって取扱いが異なる場合があります。(従前どおり)

以上を踏まえますと、国際公表時期は以下の4つから選択することができます。

  国際公表時期 備考
標準公表 国際登録日から12カ月後 国際登録後に、公表時期を早めることが可能
即時公表 国際登録後直ちに  
早期公表 標準公表より早い時期を月単位で指定 国際登録後に、公表時期を早めることが可能
公表延期 標準公表より遅い時期を月単位で指定
(国際登録日(又は優先日)~30カ月。ただし国によって取扱いが異なる可能性あり)

国際登録後に、公表時期を早めることが可能

この改正により、製品リリース等のスケジュールに合わせて、国際公表の時期を今まで以上にコントロールしやすくなります。国際意匠出願をご検討の際は、ぜひ当所意匠部までご相談ください。

※2022年1月1日以降に提出された出願に適用されます。

<国際登録の公表の時期(参考訳) | 経済産業省 特許庁 (jpo.go.jp)