ニュース&トピックス|特許業務法人オンダ国際特許事務所|岐阜市

ニュース&トピックス|特許業務法人オンダ国際特許事務所|岐阜市

アクセス

ニュース&トピックス

アメリカ特許維持料(年金)支払い詐欺にご注意を

『アメリカ特許維持料(年金)の期限通知が、出願人住所に直接送付された』と弊所のお客様から情報をご提供いただきました。この通知には特許情報が詳細に記載されていて、一見もっともらしい内容に見えます。 しかし、アメリカ特許商標庁(USPTO…

米国特許商標庁 料金改定のお知らせ

米国特許商標庁は2020年度の庁料金の値上げを発表しました。最近の3年間では初めての値上げで、新料金は2020年10月2日から有効になります。 各種の料金の値上げ幅は10%程度ですが、例外的に、維持年金の追加料金の値上げ幅は213%と高額…

新型コロナウイルスに関する主要国特許庁の対応(2020.4.28掲載/2020.7.20最終更新)

2020.4.28掲載(最終更新日2020.7.20)   地域 国コード 国名 種別 内容 北米 US アメリカ 救済措置 2020年3月27日から5月31日までの期限は、2…

日米協働調査試行プログラム再開(Expanded Collaborative Search Pilot Program=CSP)(2017年11月1日発効)

2015年8月1日から2年間実施された日米協働調査試行プログラムが終了し、その後USPTOとJPOとの調整の結果、2017年11月1日から3年間、新スキームによる日米協働調査が再開されることになりました。 以前のプログラムと今回のプログラ…

アメリカ特許規則改正(2012年5月16日発行) Quick Path Information Disclosure Statement (QPIDS) Pilot Program

アメリカ特許商標庁は、新たに、クイックパス情報開示書(QPIDS:Quick Path Information Disclosure Statement)というパイロットプログラムを実施することを公表しましたのでお知らせします。 USPT…

米国特許法改正(2011年9月16日発効)

2011年6月23日に下院を通過したThe Leahy-Smith America Invents Act (AIA)は、2011年9月16日にオバマ大統領によりサインされ、発効されました。 いくつかの改正が予定されていますが、直ちに関係…

アメリカ特許速報

米国下院にて、America Invents Actが6月23日に可決されましたのでお知らせします。 この下院で可決された法案は、先に上院で可決された法案と同一であるというわけではありません。 よって、下院と上院が同じ法案に同意するよう…

アメリカ特許規則改正(2011年5月17日発効)

アメリカ特許商標庁は、完全なファーストアクションインタビュー試験プログラム(Full First Action Interview Pilot Program)を実施することを公表しましたのでお知らせします。このプログラムは既存のファースト…

米国規則改正について(続報)

2007年11月1日に発効予定であり、その前日に暫定的差し止めが認められた改正規則(クレーム項数の制限(いわゆる5/25 Rule)及び審査支援書類(ESD)の提出、継続出願・継続審査請求(RCE)の回数制限、関連出願の情報開示)に関する裁…

米国CAFCより、虚偽宣誓におけるフロードの認定基準に関する重要判決が出されました 【商標】

CAFC(米国連邦巡回控訴裁判所)が、Medinol事件におけるTTAB(米国特許商標庁商標審判部)のフロード(Fraud、詐欺、欺瞞)の基準を覆す判決を出しました(In re Bose Corp. Fed. Cir. Aug. 31, 2…