パテントメディア|特許業務法人オンダ国際特許事務所|岐阜市

パテントメディア|特許業務法人オンダ国際特許事務所|岐阜市

アクセス

パテントメディア

知財マンの心理学 人生脚本2

前回から「人生脚本」を取り上げています。人の行動のパターンや思考パターンを支配する基本的ポジション(パテントメディア103号参照、当所HPでご覧いただけます)のほかに、同じように人の行動やものの考え方を規制する人生脚本があります。基本的ポジションは生まれてから3歳くらいまでの間に主として、育ての親である母親との関係で形成されます。一方、「人生脚本」は3歳から14歳くらいまでの間に経験する心理的に強い印象を残す出来事によって形成されるといわれています。

クリアランス調査について

知財戦略支援部の畔上(あぜがみ)です。「最も神経を使う特許調査は?」こう質問されたならば、私は、迷いなく「クリアランス調査」と回答します。特許調査を担当したことのある方でしたら、こう答える人は少なくないはずです。クリアランス調査とは、第三者の特許権を侵害していないか確認するための調査のことをいいます。

中国知財セミナーFAQ集

今年3月、当所主催で開催した中国知財セミナー「中国・日本の特許実務における相違点」には、東京・名古屋・大阪の3会場で150名を超える皆様にご参加いただきました。本セミナーで、参加者の皆様からお寄せいただいたご質問をFAQ集としてまとめました。

ハウスマークの保護と商標管理について【弁理士コラム】

商標部所属の田口と申します。昨年9月に国内特許第1部から商標部に異動となり、商標担当となって1年が過ぎました。商標部に異動してから、雑誌の広告欄などに表示されている商標が、よく目にとまるようになりました。特に、広告欄に、会社名をデザイン化したロゴや社章といったハウスマークが表示されていると、そのハウスマークが適切に商標登録されているかといったことが、とても気になるようになりました。それは、この1年間の実務を通じて、ハウスマークについて適切に商標権を取得されていない会社が意外と多いのではないかと感じているためです。