1. HOME
  2. 知的財産トピックス
  3. 2019年のトピックス
  4. 韓国特許法改正案 可決
知的財産トピックス

韓国特許法改正案 可決

2019.1.23

韓国国会本会議では、2019年12月7日、特許権の故意侵害に対し、最大3倍の損害賠償責任が課されるという趣旨の特許法改正案が可決されました。
改正案によれば、

1.特許権・専用実施権の侵害行為が故意的なものと認められる場合、法院(裁判所)は損害として認定された金額の3倍以内で、賠償額を定めることができる。

2.特許権・専用実施権の侵害訴訟において、侵害行為の具体的な行為態様を否認する当事者には、自身の具体的な行為態様を提示することが義務化される。

3.当事者が正当な理由なしに具体的な行為態様を提示しない場合、法院は特許権者・専用実施権者が主張する侵害行為の具体的な行為態様が真実であると認めることができる。

この改正案は特許権者の地位強化を意図したものとされ、公布後6ヶ月経過した日から施行されます。したがって、2020年6月頃の施行が予測されます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン

パテントメディア