1. HOME
  2. 知的財産トピックス
  3. 2011年のトピックス
  4. 台湾商標出願に係る政府料金の改定のおしらせ
知的財産トピックス

台湾商標出願に係る政府料金の改定のおしらせ

2011.1.5

2011年2月1日より新規台湾商標出願の政府料金が以下の様に改定されます。

【第1類〜第34類の指定商品に係る政府料金の改定について】

現状:
1区分につき指定商品の数が20個以内の場合、NT$3,000(約8,400円)で、21個〜60個の場合NT$5,000(約14,000円)、61個以上の場合
NT$9,000(約25,000円)です。

改定後:
1区分につき指定商品の数が20個以内の場合、NT$3,000(約8,400円)、21個以上の場合は1個につきNT$200(約560円)加算されます。

【第35類〜第45類の指定役務に係る政府料金の改定について】

現状:
1区分につき指定役務の数を問わずNT$3,000(約8,400円)です。

改定後:
1区分につき指定役務の数を問わずNT$3,000(約8,400円)、但し、第35類における小売・卸売に係る指定役務の数が6個以上の場合は1個ごとにNT$500(約1,400円)が加算されます。

ポイント:
1区分につき指定商品の数が31個以上の出願を行う場合には、料金改定前に出願すれば政府料金を節約することができます。

※日本円の金額は、2010年12月の交換レートに基づくものです。

お問い合わせフォーム

メールマガジン

パテントメディア