1. HOME
  2. 知的財産トピックス
  3. 2008年のトピックス
  4. スイス特許法改正(2008年7月1日発効)
知的財産トピックス

スイス特許法改正(2008年7月1日発効)

2008.9.18

2008年7月1日から、スイス連邦知的所有権機関の手続きに改正が導入されました。

1.特許出願の公開

出願日あるいは優先日から18ヶ月後に特許出願が公開されます。
この改正は改正法の発効日以降に出願された特許出願についてのみ適用されます。

2.スイス特許出願の先行技術調査

出願人は、選択により、スイス連邦知的所有権機関にスイス特許出願に対する先行技術調査を請求することができるようになりました。この調査は、出願日あるいは優先日から14ヶ月以内に請求する必要があります。料金は500スイスフランです。この調査で得られたサーチレポートは特許出願公開時に公開されます。
この調査請求に代えて、出願人は出願日から6ヶ月以内であれば国際調査を請求することもできます。このサーチレポートも特許出願公開時に公開されます。
改正法では、第三者が、公開された特許出願、あるいは特許付与されたスイス特許に対して先行技術調査を請求することも可能です。この場合は、サーチレポートは公開されません。
サーチレポートは、改正法の発効日以降に出願された特許出願についてのみ請求することができます。

3.異議申立

異議申立の理由が、特許法第1a条、第1b条、第2条の不特許事由のみに限られることが規定されました。異議申立の料金は800スイスフランです。異議申立は特許付与日から9ヶ月以内にスイス連邦知的所有権機関に対して行う必要があります。
尚、新規性、進歩性の欠如を問題とする場合には、異議申立ではなく無効訴訟を提起しなければなりません。

4.その他

・公用語(フランス語・ドイツ語・イタリア語)以外の言語による出願が可能になりました。ただし、後日公用語による翻訳文を補充する必要があります。
・スイス特許の出願公開及び先行技術調査に関する改正を除き、改正法は改正法の発効日に係属中の全てのスイス特許出願に効力が及びます。

お問い合わせフォーム

メールマガジン

パテントメディア