1. HOME
  2. サービスのご案内
  3. 商標
  4. 中間対応

商標の中間対応

概要

  • 拒絶理由通知等に対する意見書や手続補正書等の提出手続
  • 拒絶査定不服審判、異議申立、無効審判、不使用取消審判の各手続
  • その他、特許庁に対する商標関連の手続全般

特徴

過去の審査状況、取引の実情などを踏まえた、「説得力のある」意見書

商標登録を阻む主な要素は、「自他商品の識別機能を有しない」と「他人の商標と類似する」です。
しかし、審査段階では、これら審査官の判断に委ねられますので、必ずしも適切とはいえない場合があります。オンダ国際特許事務所では、過去の審査・登録状況、取引の実情など、客観的事実に基づき、説得力ある(=審査官の判断を覆しやすい)意見書を作成します。

お問い合わせフォーム

特許事務所をご経営の方へ

メールマガジン

パテントメディア

営業日カレンダー