1. HOME
  2. サービスのご案内
  3. 特許・実用新案
  4. 中間対応(特許)

中間対応

概要

拒絶理由通知に対する意見書や手続補正書等の作成・提出手続
拒絶査定不服審判、特許無効審判等の各種審判請求手続
その他、特許庁に対する特許・実用新案関連の各種手続

特徴

出願部門及び中間対応(中間処理)・法務専門部門のエキスパートによる的確な中間対応

オンダ国際特許事務所では、源流である特許等明細書作成の段階から将来の中間対応を意識した明細書の作成を心掛けています。例えば、先行技術との比較のもと適切なSTF(特別な技術的特徴)を特定し、さらに実施技術を確実に保護するための階層的な請求項作成や、手続補正、分割出願を考慮した請求項作成や実施形態の変形例などの記載を行います。
特に中間対応においては、豊富な経験から、
(1)拒絶理由・妥当性を的確に判断し
(2)出願にかかる発明と引用文献に記載される発明とを詳細に対比して反論し、実施技術はもとより、考えられる回避技術の全てをカバーできる権利を取得することをモットーに、意見書・手続補正書等の作成を行います。

なお、オンダ国際特許事務所では、出願担当者に加えて中間処理・法務専門部門においても中間対応を行っています。専門部ならではの種々の技術分野・内容に関する豊富な対応経験を活かし、最新の審査傾向や判例を考慮した的確・適正な中間対応を行います。

お問い合わせフォーム

特許事務所をご経営の方へ

メールマガジン

パテントメディア

営業日カレンダー