オンダ国際特許事務所

MENU

WORKPLACE 職場環境・制度

研修

新人研修

  • ■オリエンテーション(全員)
  • ■ビジネスマナー研修(全員)
  • ■特許技術者向け 法律研修&実務研修

法律研修カリキュラム (2015年例)

回数 研修の内容
第1回 ・法律研修の進め方について ・工業所有権の概要 ・特許法の目的 ・出願の流れ等の概要
第2回 特許法上の発明及び発明の種類について
・産業上の利用性(特許要件の判断対象も含む)
第3回 発明者・出願人について
第4回 発明者・出願人について
第5回 新規性喪失の例外について
第6回 国内優先権制度の内容と効果について
第7回 特許法の先願主義について
第8回 拡大された範囲の先願について
第9回 出願の単一性について(シフト補正の禁止を含む)
第10回 明細書の記載事項について
第11回 明細書又は図面の補正について
第12回 特許出願の分割・変更について
第13回 発明の新規性について
第14回 発明の進歩性について
第15回 出願後の審査に関する手続 ・出願人側、第三者側が採りうる手段
第16回 拒絶理由通知、拒絶査定を受けたときの対処
第17回 特許権の効力について ・特許権の範囲(時期・地域・内容等) ・発明の実施行為について
・例外規定 ・他の法律との関係(実用・意匠・商標・不競)
第18回 法上の実施権について
第19回 特許権の侵害について
・自社が権利を持っている場合 ・相手に特許権がある場合
第20回 実用新案法の保護対象・登録の要件
実用新案技術評価書、侵害に対する特有の規定
第21回 特許無効審判・特許異議申立て について
第22回 特許調査について
第23回 意匠法について
第24回 商標法について
第25回 総合テスト(50問)

事務担当者向け 新人法律研修カリキュラム(2015年例)

  講義内容
第1回目 産業財産権(工業所有権)の概要
出願に必要な書類の様式と作成要領
当所の国内出願の包袋管理システム
当所の願書見本(特許/新・旧)
制度の概要
第2回目 前回の復習、口頭質問
前回の復習、口頭質問
特許法上の発明の定義
特許を受けることができる発明(特許要件)
特許を受けることができない発明(不特許事由)
特許を受けることができる者
第3回目 前回の復習、口頭質問
【新】特許出願の経過フロー(①出願~拒絶査定~審判)
(②登録~年金)
補正(訂正)ができる時期
第4回目 前回の復習、口頭質問
【旧】特許出願の経過フロー
特殊出願
第5回目 これまでの内容理解度確認のための中間テスト
第6回目 実用新案法の要点、経過フロー
期間の計算
出願公開制度
審査請求
審査請求料・特許(登録)料の改定
減免措置
第7回目 前回の復習、口頭質問
異議申立制度
審判制度
第8回目 前回の復習、口頭質問
産業財産権(特許、実用新案、意匠、商標)の存続期間 等
第9回目 前回の復習、口頭質問
特許事務上の基礎用語の確認
第10回目 前回の復習、口頭質問
特許事務上の基礎用語の確認
第11回目 前回の復習、口頭質問
意匠権の取得
第12回目 前回の復習、口頭質問
商標権の取得
第13回目 前回の復習、口頭質問
外国出願
第14回目 特許法基礎勉強会 卒業試験

その他の研修

システム(情報セキュリティ)研修/個人情報保護研修/セクハラ防止研修/ビジネス文書研修/QC・改善制度研修 等々

研究会・勉強会(全所員対象)

判例研究会(月一回定例)

  2015年に実施したテーマ
1月 平成25年(行ケ)第10346号 審決取消請求事件
2月 平成26年特許法改正について
3月 平成26年(行ケ)第10068号 審決取消請求事件
4月 「別例の記載によりクレームの用語が広く解釈された」と評価された例(平成25年(ワ)25813号)
「請求項を削除する補正(出願経過)が削除されずに特許された請求項の文言の解釈に影響を与えた事例」と評された例(原審 平成24年(ワ)24317号、控訴審 平成26年(ネ)10051号)
5月 平成25年(行ケ)第10086号 審決取消請求事件
6月 平成24年(受)第1204号 特許権侵害差止請求事件   平成27年6月5日 第二小法廷判決
7月 平成26年(ワ)第10151号 損害賠償請求事件(判決言渡:平成26年12月25日)
8月 知財高裁平成26年(ネ)10063 号(平成27年4月14日判決)
9月 平成24年 (ワ) 15612 号(東京地裁 平成26年10月9日判決)銅ニッケル合金部材-侵害無効事件
10月 意匠の寄与率認定に関する事例研究
11月 平成26年(行ケ)第10231号 審決取消請求事件
12月 特許第5079759号に対する無効審判2件

所内勉強会(随時)

所内では、職種・部門毎に様々な勉強会が開催されています。

PAGE TOP