オンダ国際特許事務所

MENU

ABOUT 事務所について

所長メッセージ

所長 弁理士 恩田誠

オンダ国際特許事務所は、常に今より高い目標を目指し、その達成に向けて邁進し続けるという企業文化を、長年培ってきました。
私たちは、「世界一の特許事務所」を目指しています。それは、出願を代理する件数で世界一を目指すのみならず、知的財産の保護を求める当所のお客様に世界一の満足を提供する特許事務所を目指す、という意味です。
さらに、「特許事務所」の既成の枠にとらわれない独自の価値を創造し、自らが特許業界の「新しいグローバルスタンダード」になるという高い目標を掲げ、日々の業務に取り組んでいます。

特許事務所の仕事は決して楽ではありません。入所後も、常に学び続ける姿勢と覚悟が必要となる、非常に厳しい世界です。しかし、仕事を通じて自分が社会に貢献しているというやりがいや達成感は計り知れず、大変面白い世界でもあります。

国際競争の激化に伴い、多くの日本企業が生き残りを賭け、グローバル化に突き進んでいます。特許事務所においても、高い専門性と、グローバルな視野の両立はもはや必須です。
オンダ国際特許事務所は、今後アジアを中心とする海外での事業展開に益々注力し、不透明な経済状況の中にあっても、更に成長・発展していこうとしています。そのためには、所員一人ひとりに、その能力・資質・個性を十分に発揮してもらう必要があります。

私は経営者として、「従業員の物心両面の幸せを追求する」ことを常に念頭に置き、日々の経営に携わっています
所員の皆さんがオンダ国際特許事務所の一員であることを誇りに感じ、皆さん自身の目標達成のため、その能力を十分に発揮できる事務所を作っていくつもりです。
現状に甘んじることなく、目標達成に向け努力しつづける熱意と意欲を持った皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

PAGE TOP