1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 【第4シリーズ】特許調査トレーニング 〜拒絶査定から学ぶ先行技術調査の手法〜
  4. 練習問題36(解説)
メールマガジン

練習問題36(解説)

こちらの記事は一部抜粋です。全文はメールマガジンのご登録者様のみご覧いただくことができます。

 

今回の題材は、「画像処理装置」に関するものです。
発明の名称は「画像処理装置」となっていますが、発明のポイント(技術的な特徴)は、「画像処理部」ではなく「装置本体を移動させるためのキャスター」に特徴を有するものになっています。
調査対象となる発明は、キャスター以外にも支持脚を有しており、支持脚が接地した状態でキャスターを上下動させられることを特徴としています。

今回の題材公報は、「特開2004−189057」であり、調査対象は【請求項1】としました。

【請求項1】
装置本体と、
この装置本体を下方から支持する複数の高さ調節機能つき支持脚と、
これらの支持脚が装置設置面に非接触状態のとき、装置本体を走行自在に下方から支持する複数の走行輪とを備える画像処理装置において、
各走行輪は、その下端が、高さ調節された支持脚下端に対し、上方位置および下方位置のいずれにも変更自在な位置調節手段を備えていることを特徴とする画像処理装置。

そして、拒絶理由の中で、【請求項1】の新規性を否定するとして示された、引用文献は1件ありました。
引用文献:実開昭58−177691

 

メールマガジンにご登録いただくと、上記内容を全文ご覧いただくことができます。

 


 

メールマガジンの購読お申し込みはこちらから
お問い合わせ・ご相談