1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 【第4シリーズ】特許調査トレーニング 〜拒絶査定から学ぶ先行技術調査の手法〜
  4. 練習問題34(解説)
メールマガジン

練習問題34(解説)

こちらの記事は一部抜粋です。全文はメールマガジンのご登録者様のみご覧いただくことができます。

 

今回の題材は、「ミント系香料の苦味抑制剤」に関するものです。ミント系香料の清涼感を引き立たせるために苦味を効果的に抑制するための発明です。
2016年4月より食品の用途発明に関する審査基準が改定されました。審査基準が変わると審査において引用される文献も変わる可能性があり、特許調査においては、抽出すべき公報も変わってくることが予想されます。今回の題材は審査基準が変わる前に審査が行われている題材ですが、改定後の審査基準のことも考えながら事例研究してみました。

今回の題材公報は、「特開2004−018829」であり、調査対象は【請求項1】としました。

【請求項1】
食用油脂を有効成分として含有することを特徴とするミント系香料の苦味抑制剤。

大変、短い請求項です。
そして、拒絶理由の中で、【請求項1】の新規性を否定するとして示された、引用文献は1件ありました。
引用文献:特開平07−102285

 

メールマガジンにご登録いただくと、上記内容を全文ご覧いただくことができます。

 


 

メールマガジンの購読お申し込みはこちらから
お問い合わせ・ご相談