1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 【第4シリーズ】特許調査トレーニング 〜拒絶査定から学ぶ先行技術調査の手法〜
  4. 練習問題19
メールマガジン

特許調査トレーニング 練習問題19

こちらの記事は一部抜粋です。全文はメールマガジンのご登録者様のみご覧いただくことができます。

 

今回の題材は、「消臭剤」です。前回に続き、材料系の調査をトレーニングしたいと思います。

101.練習問題(19)

今回の問題は、特開2003−339837です。
【発明の名称】消臭剤及び消臭剤組成物

出願時の請求項1および請求項2は以下の内容でした。

【請求項1】

β−イオノン、ゲラニウムオイル及びクマリンよりなる群から選ばれる化合物の1種または2種以上を有効成分として含有することを特徴とする消臭剤。

【請求項2】

タバコ臭を消臭するものである請求項第1項記載の消臭剤。

この特許出願に対して拒絶理由が通知され、それに応じて最終的には以下の内容に補正されました。

【請求項1】

β−イオノン及びゲラニウムオイルを有効成分として含有することを特徴とするタバコ臭消臭剤。

今回は、この補正後の請求項1に対する先行技術調査をトレーニングしましょう。

102.考え方のヒント

 

メールマガジンにご登録いただくと、上記内容を全文ご覧いただくことができます。

 


 

メールマガジンの購読お申し込みはこちらから
お問い合わせ・ご相談