1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 【第4シリーズ】特許調査トレーニング 〜拒絶査定から学ぶ先行技術調査の手法〜
  4. 練習問題2
メールマガジン

特許調査トレーニング 練習問題2

こちらの記事は一部抜粋です。全文はメールマガジンのご登録者様のみご覧いただくことができます。

前回までの「練習問題(1)」に取り組み検索式を検討してみて、どんな感想をお持ちになりましたか? 続けて「練習問題(2)」にチャレンジしましょう。
今回のテーマの分野も「画像表示装置」に関するものです。

7.練習問題(2)

次の内容について、先行技術を調査するための検索式を検討してください。制限時間は60分とします。調査対象は以下の出願の請求項1とし、出願日である平成8(1996)年12月24日を基準としてご検討ください。

【発明の名称】シーケンシャルカラーディスプレイ装置
【出願日】平成8年(1996)12月24日

【要約】
【課題】ディスプレイデバイスの解像度を向上させると共に、一層高精細な画像表示を可能にする。また、赤色R,緑色G,青色Bの各色R,G,Bのドットが見えないようにして、自然な画像表示を可能にする。
【解決手段】ディスプレイデバイスと、3色の光源とを有し、ディスプレイデバイスを光源で照射してカラー画像を表示するディスプレイ装置において、1画面の表示期間にディスプレイデバイスへ3色のカラー画像を時分割方式で書き込む手段と、光源によるディスプレイデバイスの照射範囲を制御する手段とを設ける。

図面

【特許請求の範囲】
【請求項1】ディスプレイデバイスと、3色の光源とを有し、前記ディスプレイデバイスを光源で照射してカラー画像を表示するディスプレイ装置において、1画面の表示期間に前記ディスプレイデバイスへ3色のカラー画像を時分割方式で書き込む画像書き込み手段と、前記光源による前記ディスプレイデバイスの照射範囲を制御する制御手段を備えたことを特徴とするシーケンシャルカラーディスプレイ装置。

メールマガジンにご登録いただくと、上記内容を全文ご覧いただくことができます。

 


 

メールマガジンの購読お申し込みはこちらから
お問い合わせ・ご相談