1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 【第4シリーズ】特許調査トレーニング 〜拒絶査定から学ぶ先行技術調査の手法〜
  4. 練習問題10(解説)
メールマガジン

特許調査トレーニング 練習問題10(解説)

こちらの記事は一部抜粋です。全文はメールマガジンのご登録者様のみご覧いただくことができます。

前回は、大豆の表面を摩擦研磨して汚れを除去する方法および装置の発明である、特開2003−170066に対して拒絶理由の根拠となった先行文献を調査する問題を出題しました。題材公報には付与されていない特許分類を見つけられるか否かがポイントとなる題材でした。皆様は引用文献を見つけられたでしょうか?

正解は、実開平02−000997と実開平02−049894の2件です。
両方の引用文献とも、請求項1に対して新規性が無いと判断されていることから、どちらの引用文献ともヒットする検索式を策定したいところです。

48.調査対象の認定

今回の調査対象は題材公報である、特開2003−170066の請求項1が対象です。今回も調査対象の認定を行なうにあたり、請求項1のポイントとなる主要な構成要素について、題材公報と引用文献の中でどのように記載されているのかを比較してみました。

構成要素

題材公報
特開2003-170066

引用文献1
実開平02-000997

引用文献2
実開平02-049894

豆類

豆類
大豆

大豆

大豆

研磨

研磨剤(籾殻、糖粉、植物破砕粒)

攪拌翼

籾殻
クリーナー

スクリュー

籾殻
クリーナー

オーガ

密度調整

摩擦圧力変更

排出口の開度を
狭くする

出口側に加圧弁

吐出口に
圧力調整弁


図41.構成、作用、効果の整理

 

メールマガジンにご登録いただくと、上記内容を全文ご覧いただくことができます。

 


 

メールマガジンの購読お申し込みはこちらから
お問い合わせ・ご相談