1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 【第4シリーズ】特許調査トレーニング 〜拒絶査定から学ぶ先行技術調査の手法〜
  4. 練習問題10
メールマガジン

特許調査トレーニング 練習問題10

こちらの記事は一部抜粋です。全文はメールマガジンのご登録者様のみご覧いただくことができます。

 

今回は、豆類の研磨方法に関する出願についての出題です。

46.練習問題(10)

今回の問題は、特開2003-170066からです。要約と請求項1は以下の通りです。請求項1の新規性を否定するものとして、拒絶理由として挙げられた文献を調査してみましょう。

図面

【発明の名称】豆類の研磨方法及び研磨装置
【要約】
【課題】 豆類の表面に付着した汚れがひどいときにも 確実に汚れを除去する。
【解決手段】 一端に投入口となるホッパー5を他端に 排出口6を有する研磨筒4内に、研磨材混合豆類を撹拌搬送しながら豆類を研磨する撹拌翼4を配設し、排出口6に、排出口6の開度を調整する開度調整機構21を設 けるとともに、排出口6の下流に、研磨後の豆類と研磨 材とを分離する研磨材分離機8を設け、豆類の表面に付 着した汚れがひどいときには、開度調整機構21にて排出口6の開度を狭くして、研磨筒4内の研磨材混合豆類 の密度を高め、研磨材混合豆類に掛かる摩擦圧力を上げ る。

【請求項1】 撹拌翼を配設した研磨筒内に、表面に汚れが付着した豆類に籾殻・糠粉・植物破砕粒等の研磨材を混合した研磨材混合豆類を投入し、該研磨材混合豆類を前記撹拌翼にて撹拌搬送しながら研磨材にて豆類の表面を摩擦研磨して汚れを除去した後、研磨材を分離する豆類の研磨方法において、前記豆類の汚れ度合いに対応して、前記研磨筒内の研磨材混合豆類の密度を調整して、研磨材と豆類の摩擦圧力を変更することを特徴とする豆類の研磨方法。

 

メールマガジンにご登録いただくと、上記内容を全文ご覧いただくことができます。

 


 

メールマガジンの購読お申し込みはこちらから
お問い合わせ・ご相談