1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 【第4シリーズ】特許調査トレーニング 〜拒絶査定から学ぶ先行技術調査の手法〜
  4. 練習問題9
メールマガジン

特許調査トレーニング 練習問題9

こちらの記事は一部抜粋です。全文はメールマガジンのご登録者様のみご覧いただくことができます。

 

今回の題材もリチウム二次電池関連です。材料的な観点の問題に挑戦してみましょう。前回は構造的な観点の題材でしたので、調査対象についてイメージはしやすかったと思います。調査対象が材料系になると難易度がグッと上がります。

諦めずに式を考えてみましょう。

40.練習問題(9)

今回の題材は、特開2004−139768の請求項1です。要約と請求項1の内容は以下の通りです。

【発明の名称】

多孔質薄膜電極と、これを負極とするリチウム二次電池

【要約】

【課題】
電池容量とサイクル特性、さらにハイレート特性に優れたリチウム二次電池用の多孔質薄膜電極を提供する。

【解決手段】
この多孔質薄膜電極は、L i と合金化しない材料からなる集電体と、S n 又はS n 含有合金からなり、電気メッキ法により集電体上に形成された薄膜とを有する。薄膜は、3 g / c c 以上、5 g / c c 以下の密度を有するメソポーラス物質である。

【請求項1】

Liと合金化しない材料からなる集電体と、
Sn又はSn含有合金からなり、電気メッキ法により前記集電体上に形成された薄膜とを 有し、
前記薄膜が、3g/cc以上、5g/cc 以下の密度を有する多孔質薄膜であることを特 徴とする多孔質薄膜電極。

41.考え方のヒント

研究会においては以下のような発言があがりました。

 

メールマガジンにご登録いただくと、上記内容を全文ご覧いただくことができます。

 


 

メールマガジンの購読お申し込みはこちらから
お問い合わせ・ご相談