1. HOME
  2. メールマガジン
  3. 【第4シリーズ】特許調査トレーニング 〜拒絶査定から学ぶ先行技術調査の手法〜
  4. 練習問題5(解説)
メールマガジン

特許調査トレーニング 練習問題5(解説)

こちらの記事は一部抜粋です。全文はメールマガジンのご登録者様のみご覧いただくことができます。

先月の問題は、除雪用具に関するものでした。除雪用具というよりは、除雪用スコップといった方がイメージしやすいと思います。今回も調査対象となる発明の把握から始めていきましょう。

24.発明の認定

先行技術調査は、発明の新規性や進歩性の有無を判断するための調査であり、特許請求の範囲の請求項の記載に基づいて行なわれます。
したがいまして、調査対象となる特許請求の範囲を構成している要素を正確に把握する必要があります。題材公報の特許請求の範囲を詳細に見てみましょう。

請求項それぞれの把握においても、発明を構成要素ごとに分けて、各構成要素が具体的にどのような構造であるのか確認していきます。

メールマガジンにご登録いただくと、上記内容を全文ご覧いただくことができます。

 


 

メールマガジンの購読お申し込みはこちらから
お問い合わせ・ご相談